婚約指輪「パヴェ」のデザインのメリットとは?

婚約指輪「パヴェ」のデザインのメリットとは? センターストーンの周りだけでなく、リング部分にまで小さなダイヤモンドがびっしりと敷き詰められたリングがパヴェリングです。
最も高価で個性的なこのリングは婚約指輪としては珍しい部類にはいります。
そのため、婚約指輪でこのリングをもらうことは特別な意味を持つかもしれません。
煌びやかさとゴージャス感、特別感がメリットのパヴェリングはその美しさと引き換えにいくつかの注意点があります。
まずはサイズ直しが難しいということ。
リング部分にもダイヤが敷き詰められているため、サイズを直すことが不可能、または控えた方が無難です。
そして、その小さなダイヤが取れてしまうことも覚悟しなければいけません。
どんなハイブランドのリングであってもこの点に変わりはありませんので、注意してください。
婚約指輪は結婚指輪とも重ね付けすることが多いですが、パヴェリングにはおすすめできません。
重ね付けした方のリングが傷だらけになってしまいますし、リングにはめられたダイヤが取れやすくなります。

“永遠の愛”を象徴する婚約指輪は「エタニティ」がピッタリ

たくさんのダイヤモンドがちりばめられたリングは婚約指輪の中でもゴージャスで特別な印象です。
そしてその名前に「永遠」とつけられたエタニティは最も婚約指輪にふさわしいリングなのではないでしょうか。
センターストーン以外にもリング部分に途切れなく同じ大きさのダイヤモンドが連なったエタニティリングにはフルとハーフがあり、一周しているものと全面だけにダイヤが付いたものの2種類あります。
永遠の愛を誓う結婚には途切れないフルがおすすめですが、その美しさだけで選ぶと後悔することにもなりかねません。
というのも、フルエタニティリングはサイズの変更が難しく、小さなダイヤが取れやすいというデメリットがあります。
また、センターストーンが小さく見えてしまうという効果がありますので、満足のいくリングにするためには十分な予算が必要です。
小さな溝には汚れが溜まりやすく、普段使いにも向いていませんので、特別な日の装いに楽しむようにしましょう。